新生児(あかちゃん)の夜泣き


育児に奮闘しているお母さんにとって、子供の夜泣きって本当に辛いですよね。

私の経験上、夜泣きには、お腹が減っていたり、おむつが汚れていたりと何か理由があって泣き出してしまう夜泣きと、何で泣いているのか分からなくて、こっちが泣きたいよ〜と、叫びたくなるような夜泣きと、2種類あるように思います。

前者の夜泣きは、まだ産まれて間もない新生児(あかちゃん)に多いです。
産後の、まだこちらの体調が本来の調子に戻っていない時期の夜泣きは本当に辛いものです。夜中に授乳したり、オムツを替えたりするのは大変ですが、この時期だけと思って、頑張って乗り切りましょう。

おっぱいだけで頑張っているママは、夜中に授乳をしている時期が長いようです。
子供が2歳近くになるまで、夜中の授乳が続いているママもいます。
断乳しなければ夜中の授乳が続く場合もあるようですが、この時の新生児(あかちゃん)の夜泣きはおっぱいをあげればすぐに泣き止むようです。(お母さんも慣れてきて、寝ながら授乳できるようになるとか・・・)

やっかいなのは、理由の分からない夜泣きですよね。
私は子供が3人いますが、私の場合は平均して新生児(あかちゃん)の10ヶ月頃が一番この夜泣きがひどく、1歳を過ぎると落ち着いてきたように思います。でも、やはり個人差があるようで、こちらも2歳近くまで夜泣きがひどかった、というケースもあり、色々ですね。

この理由の分からない夜泣き、医学的にもやっぱり解明されてないようです。
対処法も、これが効くっていうものも残念ながらないみたいですね。
抱っこしたり、何か飲ませてみたり、車に乗せてみたりと、皆色んなことをして対処しているようですが・・・。
私も色々やってみました。漢方薬を飲ませてみたり、虫封じに神社に行ったり。
だけどやっぱり、今だけ!と思って、気楽に考えてみるしかないようです。
子供が大きくなってから、良い思い出として笑い話になるはずです。

とは言え、やっぱり辛い夜泣き。夜暗い中で眠い目をこすりながら新生児(あかちゃん)を抱っこしていると、本当にこちらまで泣きたくなってしまいます。
そんな時、思い出してください。夜泣きで頑張っているのはあなただけではないよってこと!
夜中に1人、孤独に思えるような時でも、きっとどこかで同じように頑張っているママがいます。

夜泣きはず〜〜っと続くものではありません。
一時だけの事と思って頑張って乗り切りましょう。
赤ちゃん育児と新生児子育てに関して最近の口コミや評判、噂としてよく聞くのは子育てひろば、育児2ヶ月、子育てフェスタ、派遣子育て、スウェーデン子育てetc.ですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89077191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。