新生児(あかちゃん)のお食い初め


新生児(あかちゃん)のお祝い事には色々ありますよね。
育児中の忙しい時期に、いろんな儀式があって大変ですが、それぞれちゃんと意味があります。

お祝い事の1つ、「お食い初め」は、生後100〜120日目に、新生児(あかちゃん)が一生食べ物に困らないように願う儀式です。離乳食の開始時期で、新生児(あかちゃん)に始めて食べ物を与える儀式ですが、実際、新生児(あかちゃん)はまだ食べられない物が多いので、食べさせるまねだけで十分です。

正式に行う場合は、双方の両親、親類を自宅に招いて、新生児(あかちゃん)の祝い膳を用意し、親類の中で一番長寿の人が新生児(あかちゃん)を抱きます。この時、男の子は男性に、女の子は女性に抱いてもらいます。そして、新生児(あかちゃん)を抱いている人が、新生児(あかちゃん)に食べさせるまねをします。
祝い膳は、鯛などの尾頭付きの焼き魚とお赤飯、お吸い物と歯固め用の栗を添えるのが一般的です。新生児(あかちゃん)が実際に食べられるように、重湯やジュースを用意しても良いですね
ですが現代では、ここまできちんとするお家は少なくなってきました。
儀式を簡素化し、祖父母と両親、もしくは両親だけでお祝いするお家が増えてきました。祝い膳も、お椀のかわりにベビー用食器、お膳のかわりにベビーラックを代用したりして、皆がやりやすいように行っています。

私の家では、家族3人だけでこぢんまりと行いました。
お赤飯とジュースと、簡単なおかずだけです。
どんな方法でも、子供の成長や幸せを願う気持ちは昔も今も同じです。
自分達がやりやすいように、皆が満足できるお食い初めができれば良いですね。
赤ちゃん育児と新生児子育てに関して最近の口コミや評判、噂といえば子育て夜泣き、すくすく子育て、2ch育児、知的障害子育て、二人目育児etc.ですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89077180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。