「銘は良くならない!」そう思っていました。でも


◆尖閣戦争をシミュレート、人民解放軍は日米といかに戦うか―…◆2012年9月2日、香港誌・亜州週刊は台湾の軍事評論家・黄銘俊(ホアン・ミンジュン)氏の記事を掲載し...

中国倒すのに銃弾は必要ないと思います。対中ODA停止でバブル崩壊のトリガーを引けばよいと思います。ODAの額ではなく、日本の経済的後ろ盾を失うことのインパクトがバブルを弾き、略奪、暴動、内乱、内戦…そもそも「人民解放軍」って名称が変(笑)旧ソ連製のに手を加えた時代遅れの兵器と超近代兵器では比べようが無いと思うが…優っているのは、人間の数だけだし。でも、日米が勝っても、「100万人虐殺した」と…ヤギのDNA調べたら日本産と言うのがわかるよ。右翼団体が上陸して灯台を作ったときに、放したヤギだよ。日本は、F15などの実戦配備している最新戦闘機を200機弱、P3Cなどの対潜哨戒機を100機、AWCS、イージス韓7隻などを始めとする最新護衛艦などの最新装備と熟練した隊員を擁している。尖閣諸島沖…おいおい、戦争する気まんまんかよw日米相手にどんなに頑張っても勝てるわけ無いから諦めなさい!デモでうすうす気づいてると思うけど、人民解放軍の敵は反共自国民

ルーマニア語の『ブーナ ディミニャーツァ』は『おはよう』のことです!
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。